自然素材(無垢材)の使用方法

自然素材の使用は大変難しいものです。

何故か?

一本一本の強度が違うから

 

一軒の住まいで、住宅の柱は100本以上使用することもあります

「材木の容積」×「単価」で購入します

「国産材」=「強い材木」

ではありません

一本一本強度が違うから

 

私たちは構造材に

「PFウッド」と名付け

基準を設けています

PFウッド強度・精度

 

これにより

デジタルフレーム構法になり

デジタルフレーム構法

余分な有機溶剤の放出もなくなります

 

安心な骨組みと

安心な空気の

「住まい」です

 

「自然素材」=「安全」ではないのです。

裏付けが必要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA