屋根の形態🏠

こんにちは(^◇^)

いよいよ関東甲信越も梅雨入りしました

最近暑い日が続いていましたが、雨で少し涼しくなりましたね🎐✨

 

今回は、屋根の形態についてご紹介します🏠

 

✰切妻屋根(きりつまやね)

本を逆さまにしたような三角屋根で、日本でも人気の形です。

コストが安く雨漏りのリスクも少ないです。

ただし、妻側(△の部分)は紫外線に当たりやすく劣化しやすいです。

 

✰寄棟屋根(よせむねやね)

頂点に棟があり、さらに四方に下がる棟があります。

全方向に面があるので、耐風性が高く外壁への負担も少ないです。

切妻屋根同様、使用されることが多い種類です。

 

✰片流れ屋根(かたながれやね)

一方にだけ傾斜がある屋根です。

スタイリッシュなデザインに仕上がりるので、最近人気の形です。

面が大きいのでソーラーパネルを設置するのに向いています。

ただし、風に弱いので台風の際に注意が必要です。

 

✰陸屋根(りく・ろくやね)

平らな屋根です。

モダンな印象に仕上がります。

屋上のスペースを有効につかえて、掃除やメンテナンスが楽です。

ただし、傾斜がないので水はけに注意が必要です。

 

他にも屋根の形態は沢山の種類があり、それぞれに特徴があります🏠

ご自宅の立地状態に合わせたご提案させて頂きます✨

屋根のリフォームをお考えの方はお気軽にご相談下さい❕